Okinawa なちゅら生活 HOMEへ >> キャンプ時期徹底解剖
キャンプ時期徹底解剖

サバイバルキャンプでは何月にキャンプをするかによって快適に楽しめるかそうでないかの差が大きく違ってきます。


◆おススメ時期・やめた方がいい時期

おススメ月 10月
サバイバルキャンプで使った経費以上の魚を数釣ることができます。
涼しくて朝晩快適に過ごすことができます。
食料を比較的短時間で確保できるので余った時間で観光を楽しむこともできます。


やめた方がいい月 1〜3月
生きてる実感をあじわいたい方は1〜3月をおすすめします。
寒さと飢えの中で手に入れた食料には普段感じることのない大きな感謝の気持ちと喜びをあじわうことができるでしょう。


◆フェリー

・季節によって運行時間がかわってきます。フェリーに乗り遅れないように運行表をチェックしよう。
・2時間以上の船旅になるときは出航1時間前に乗船して座る寝る場所の確保をしたほうがいいです。
・台風シーズンの6月〜10月頃までは台風や熱帯低気圧の発生に注意して気象情報をこまめにチェックしよう。
台風が近づくとフェリーが運休して家に帰れなくなるよ。


◆月別サバイバルキャンプ過酷度表
過 酷 普 通  快 適
1月・2月・3月・5月・7月・8月 4月・6月・9月 10月・11月
・1〜3月は魚影の濃い離島でもなかなか魚は釣れません。
・釣れないってことは食料を確保できない。
・しかも温かい沖縄と言えど冬場の海は凍えるように寒い。
・5月は梅雨時期なので不快指数MAX
ずぶ濡れで風邪ひく覚悟が必要。
・7〜8月は熱中症注意、暑さ対策が必要です。
・夏休み期間中の離島は観光客や行楽客が多くて気を遣います。
・魚はまあまあ釣れます。

・魚が数釣れます。
・涼しくて過ごしやすいです。
・釣り人やキャンプ客も少なく気を使わずに済みます。



Okinawa なちゅら生活 HOMEへ >> キャンプ時期徹底解剖