Okinawa なちゅら生活
Okinawa なちゅら生活 HOMEへ >> 販売ルートをおさえていこう
販売ルートをおさえておこう


家庭菜園で収穫量が少ないなら自分で食べる


食べきれないくらい収穫できたら友人知人におすそわけ


だけど


おすそわけしてもあまっちゃうぐらい収穫しちゃったよ〜


なんてことになったら


収穫した野菜・果物を売っちゃいましょう!


本格的に農業をやっている人も出荷先は複数持っていた方が便利です。


いろいろあるよ販売ルート


まずは


収穫量が少ないなら
野菜直売所に出荷しよう。


年会費や手数料(売上の数%)が必要だけど少量からでも出荷できます。


↓直売所です。安い野菜をもとめてたくさんの人が訪れます



近くに直売所がなければ
無人販売なんてどうですか。


手数料は引かれません・・・だけど
お金を払わず野菜だけ持ち去る人もいるそうです。


↓道側にある無人販売所






本格的に農業をやっていて収穫k量が多すぎて直売所や無人販売では売りさばけない


なんてときには
JAや卸市場へ出荷します。


JAなら収穫した野菜・果物を箱詰め袋詰めせずに出荷できるので
(JAがかわりに箱詰め袋詰めをしてくれます)
手間暇があまりかからず楽ちんです。


卸市場だときれいに箱詰めをして出荷
(ビニール袋に適当に入れても出荷できるけど安値になりやすいです)
手間暇かかるぶんJAよりも高値で売れます。


↓マンゴーのセリの様子





最近では個人でスーパーに卸している人も増え始めています。


地元でとれた野菜を生産者の顔写真や育てた場所を記載して販売
これなら安心して野菜を食べることができますね。




野菜直売所
無人販売
JAへ出荷
卸市場
スーパーの産直コーナー


プロの農家さんはもちろん


趣味の農業〜週末農家さんまで


販売ルートをおさえてバッチリ稼ぎましょう。




Okinawa なちゅら生活 HOMEへ >> 販売ルートをおさえておこう