Okinawa なちゅら生活
Okinawa なちゅら生活 HOMEへ >> 糖度計で味チェック
糖度計で味チェック


「うちで育てた果物は甘くて美味しいよ〜」


果物農家さんは手間暇かけて愛情込めて育てているので
自分とこが1番美味しいと信じています。


でも、何百もあるライバル農家さんのものと食べ比べるわけにもいかないので
「自分とこが美味しい」なんて実際はわかんないですよね(^^;


そこで登場するのが味を数字であらわす『糖度計 』です。


糖度計にもいくつか種類があって


果実を切らずに計れる糖度計だと価格がン十万円


双眼鏡のように覗き込んで確認するタイプだと扱いにくい


僕のオススメは測定値がデジタル表示で見やすく扱いやすい
ATAGOの「ポケット糖度計 PAL−1 」です。





サンプルステージに果汁を数滴たらしてスタートボタンを押すだけ
ほんの数秒で簡単に糖度を測定することができるんです。




高級果物アップルマンゴーで例えるなら
だいたい糖度が10度〜20度くらいになるんだけど
美味しいマンゴーは糖度14度以上と言われています。
なので糖度計で糖度をチェック、14度以上を目指せばいいんですね。
(有名な宮崎のマンゴー「太陽のたまご」の基準は15度以上です)


糖度計が一つあるだけで自分が育てた果物の美味しさがどの程度なのか
それを知るだけで
糖度が低ければ上げるための努力を
高ければそれを維持していくための努力を(結局努力だね)
していけば本当に「うちで育てた果物は甘くて美味しいよ〜」と
心から言える果物を育てることができるんです。


果物農家の皆さん、ぜひ一家に一台は糖度計を!




ちなみに僕の育てているマンゴーも糖度計で糖度15度以上を確認してから
ネット販売を開始しています(15度以上を確認できない年はネット販売はしません)。


美味しいマンゴーができたときは7月から販売開始しているので
東風マンゴー園」のページをこまめにチェックしてみてね(宣伝ですっ)。




Okinawa なちゅら生活 HOMEへ >> 糖度計で味チェック